前へ
次へ

外出先でペット葬儀用の喪服が用意できない場合

ペット葬に招かれた時場合、平服でも問題ないと考えて出かけてしまいがちですが、必ずしもベストな対応とは

more

料金をしっかりと確認したうえでペット葬を利用

ペット葬を取り仕切っている会社を探している場合、まずは供養しやすいように自宅から近い場所にあるところ

more

ペット葬でお通夜を行うメリット

ペット葬自体を行ってくれる業者は数多くありますが、その中でもお通夜を進める業者は多いです。
ペット葬自

more

大切な家族のペット葬を考えてみよう

葬儀・火葬・供養は故人のためのセレモニーですが、家族に含まれるペットとのお別れにも『ペット葬』が執り行えることをご存知でしょうか。
今は、ペット保険も商品として保険会社から誕生しているように、ペット関連事業のひとつに葬儀が提案されています。
もちろん、保険内容にもペット葬の費用まで賄えるものもあります。
言葉を発することができない分、生前葬儀についてペットと飼い主が話し合うことはないでしょう。
どんな葬儀にしたいのか、それを決めるのは飼い主です。
ありがとうのカタチとなるお悔やみのセレモニー、今、大手葬儀会社も名乗りをあげていて、火葬サービスを24時間受け付けているところも少なくありません。
動物病院での治療にしても、保険外となるために多額な費用が負担になります。
葬儀ではどうなのでしょうか。
動物の火葬というだけあって、専用の火葬炉(場)を設けていたり、専用車両が伺い、条件次第ですが自宅での火葬を行うことも可能です。
また、夜間や雨の日も対応してくれる、そうした臨機応変な対応も魅力でしょう。
葬儀だけではなく、思い出づくりのサポートも担ってくれるのも特徴で、小動物となるハムスターから大型犬まで、ぬくもりをいつまでも忘れないようにメモリアルグッズを制作してくれます。
飼い主にとっては費用も曖昧でしょう。
プランは各葬儀社によって様々です。
例えば、シンプルプランで1.5万円という明瞭会計ですが、実際には極小動物・小鳥・リスなどの手のひらサイズのペット火葬に限定されています。
小型犬での相場はシンプルプランで約3万円です。
プランの中身は火葬のみ、しかし、収骨・返骨では、骨壷や骨壷覆いカバー、仮位牌までが含まれています。
完全個別となる火葬のほうが飼い主にとっては、ゆっくり見届けることができるのでおすすめです。
骨はすべて返してくれるところもあれば、一部のみ、という場合もあります。
飼い主が骨を骨壷へ収めることができない場合もありますから、やはり個別サービスで選ぶことをおすすめします。

Page Top