前へ
次へ

ペット葬に弔電を打つことはできるのか

ペットをなくした友人がペット葬を営む場合、弔電などは必要かどうか、判断に迷う人も少なくありません。
一般的に弔電を打つ人もいますが、ペット葬の場合にはデリケートな問題となることが多く、あまり無理をして盗電を打つ必要はありません。
そのかわり、インターネットを使ってお悔やみを伝える方法もあります。
メールでお悔やみの言葉を伝えることによって、相手に弔電を送って気を使わせてしまうのではなく、相手がいつ見てもいいように配慮してメールを送ることで、相手の悲しみを和らげることができるでしょう。
さらに、お悔やみの言葉はあまりオリジナリティあふれるものではなく、相手が聞きたいと思えるようなごく一般的な発言をすることが望ましいといわれています。
とくにペット葬の時間帯が仕事中であった場合、仕事があっていけないむねを伝えて、相手に失礼にならないように再会を約束し、落ち着いた頃に花などを渡して相手の気持ちをわかっていることを理解してもらってください。

Page Top